裏渋谷・神泉駅周辺


下町情緒ともいえる風情のある谷間の街


道玄坂上交番前の交差点から 道玄坂と別れる道は、古くは滝坂道と呼ばれ、徳川時代に駒場野にあった御用屋敷へと続いていました。 現在の淡島通りとは山手通りが開通する前の1963年(昭和38年)ごろまで、松見坂交差点の近くで合流していたそうです。

明治末期以降の花街であった時代、管理事務所である見番があったため見番通り、同時に芸妓置屋、待合、料亭の三業のある 三業地であったことから、渋谷三業通りとも呼ばれていました。

花街の入り口には交番があるものといわれることの例なのか、道玄坂上交番は古くからあり、 その横に入り口のアーチのある写真が渋谷の歴史を物語る写真として展示されることが多いようです。 平成の初めの頃には見番がなくなり、神泉仲通りと呼ばれていりましたが、2015年に裏渋谷通りと名付けられました。


神泉駅から坂道を上がって神泉仲通りが下り坂になるところにある開化屋 は特に外国人客を意識した店。鉄板焼きのいにしなはその奥の建物に。 カフェブリュは朝から夜まで、食べ物も 飲み物も時間帯ごとにさまざまなメニューが用意されています。

その坂を少し上がったところには瀬戸内海から直送される魚が食べられるビストロビンゴに注目。

坂を下りきったところにあるぽつらぽつらメリプリンチペッサ といった人気店はこのエリアならではといえるでしょうか。

路地を入ったBARすがはらは古民家を移築したバー。 食品スーパーマルエツの向かいにあるイタリアワイン専門店vm20 は小さいながらもイタリアワインの品揃えを誇ります。

 

ホテル東急ステイ渋谷 のある道玄坂に出る道と住宅地から神泉駅にぬける道が円山町と神泉町の境界。 その角に日本料理いまここ立ち呑み処EVANSが。 そこから神泉仲通りは上り坂になります。

そこには土濱笑店熊本バルうせがたん神泉ホルモン三百屋などのお店が並びます。

旧山手通りに出る直前にある遠藤利三郎商店 は豊富なワインの品揃えを誇り、本格的に料理とワインを楽しむ店です。身体と地球にやさしい居酒屋アテドシンセンは新しいお店です。


神泉駅の踏切の反対側

駅の下にはワインバーのバルTANA。 少し先にかしわビストロバンバン二代目 葵割烹 佐の家、 がそれぞれ半地下のフロアにあります。その先の定食サトウもやはり半地下です。

崖よりにあるのがイタリア郷土料理とワインの店AURELIO。どれも個性的でオシャレな店ばかりです。


渋谷駅道玄坂下センター街公園通り渋谷中央街円山町・百軒店裏渋谷・神泉駅周辺道玄坂上松涛・奥渋谷旧山手通り・東大裏渋谷駅西側全般

HOME